これから鍼灸師になる方向けにモチベーションが上がるおすすめ漫画

Dr.Eggs ドクターエッグス/三田紀房

created by Rinker
¥660 (2024/03/04 06:19:42時点 楽天市場調べ-詳細)

『ドラゴン桜』の著者三田紀房先生が描く医学部生の生活をテーマにした作品です。
医学部に入学した主人公が医療を学ぶこと、そして医師として命とどう向き合うかを学び成長していく過程が描かれています。
作中、とくに鍼灸師にも勉強になるのが解剖実習の話です。
人体を構成するパーツについて円くんを通して多くのことを学べます。

19番目のカルテ 徳重晃の問診 / 富士屋カツヒト (著), 川下剛史

created by Rinker
¥726 (2024/03/04 06:19:42時点 楽天市場調べ-詳細)

大きな総合病院の総合診療医、徳重先生と滝野先生の話です。
「なんでも診れるお医者さん」になれるわけないよね・・・と滝野先生が恥ずかしそうに言うのですが何でも診れるお医者さん、カッコいいですよね。

医師がそれぞれの専門分野を持ち、スペシャリストを目指すことは素晴らしいことです。
総合診療、というのはいろんな知識を持って患者さん診て診断のアタリをつけることそして専門医につなぐこと。

私は経験を積んで町のお医者さんのようなプライマリケア(普段から何でも診て相談に乗ってくれる身近な医師)に東洋医学の分野で診て、チーム医療として周りの医療系の方や医師とも連携を図りたいと考えていますが
作中の徳重先生や滝野先生のように人を診ることができたらいいなと思います。

医療従事者の方も勉強会で19番目のカルテを取り上げているそうなので、ぜひ学生もアンテナを広げるつもりで読んでみることをおすすめします。

リエゾン ーこどものこころ診療所ー/ヨンチャン (著), 竹村優作 (著)

created by Rinker
¥704 (2024/03/04 06:19:42時点 楽天市場調べ-詳細)

子どもの精神科のお話。
凸凹でこぼこと言われる発達障害について知ることができます。
困難さを抱えた子どもとその家族や障害や病気の背景には社会的な要因もあること、病気への理解が不足していたり制度が不十分で最適な医療や支援につながることができないんだろうなと思いました。

医療ってもちろん目の前の患者の症状を改善してQOLを高めるために動くわけですが、社会や周囲環境への想像力や知識・情報のアップデートも必要なのだと感じます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事